ムートンのよくあるご質問
ムートンを長くお使いいただくために

お客様からお寄せいただくご質問などを、一覧にしてまとめております。

質問1
ムートンとはなんですか?

羊の毛皮です。羊の毛皮をなめし、これに特殊加工を施したものです。素材が羊毛(ウール)という自然繊維ですから、保湿性、吸湿性、放湿性、弾力性など化学繊維には見られないたくさんの特徴をそなえています。

質問2
本当に暖かいのですか?

ムートンをお買い上げいただいて、喜ばれるのはやはりその暖かさです。これは、羊毛の熱伝導率(温度の高い部分から低い部分へと熱が移動する現象の起こりやすさ)がきわめて低く、外気をたちきり、また、カールしてからんだ毛の間に厚い空気の層をつくり、抜群の暖かさを保ちます。

質問3
毛が抜けるようなことはないのですか?

毛が皮にしっかりと固着していますので、うさぎの毛皮のような抜毛の心配はありません。

質問4
毛がねてしまうようなことはありますか?

起床後に寝具のひずみが回復することが、次の快適な睡眠には必要になってきます。ムートンは羊毛の1本1本がコイルスプリングのようにカールしていて、30%も伸び縮みするため、羊毛ふとんの約2.6倍の圧縮弾性回復性があります。このため寝具のひずみが速やかに回復します。

質問5
どのくらい長持ちするのですか?

ブラッシングなどの手入れを上手に頂ければ、長くご使用いただけます。長く使っていると毛がもつれてくることがあります。この場合、化繊製品とは違いますので、毛皮専門のクリーニング店へお出し下さい。

質問6
汗をかいても大丈夫なのですか?

夏はサラッと冬はポカポカというのがムートンシーツの特徴です。それは、ムートンの革部と羊毛がすばらしい吸湿性を発揮し、また、逆に水分を発散させる性質があって、この相反する働きにより、少しベトつくことがないからです。つまり、革部と羊毛が呼吸しているのです。したがって、春夏秋冬ご使用いただけます。

質問7
変色しませんか?

ブラッシングなどの手入れを上手に頂ければ、長くご使用いただけます。長く使っていると毛がもつれてくることがあります。この場合、化繊製品とは違いますので、毛皮専門のクリーニング店へお出し下さい。

質問8
日ごろのお手入れはどうすればいいですか?

普段のお手入れはムートンブラシでのブラッシングで十分です。使用中のちょっとした汚れなら、30℃くらいのぬるま湯に中性洗剤を溶かし、たたくようにして拭き洗いをしてください。その後濡れタオルで洗剤成分を落とします。干す際は、必ず毛の面を内側にして陰干しにしてください。

質問9
保管するときはどうすればいいですか?

短期・長期にかかわらず収納の前に陰干しし、ホコリ・ゴミを取り、ブラッシングした後、直射日光の当たらない湿気の少ない場所に保管してください。ウールの繊維が呼吸できなくなる可能性がありますので、ビニール袋に入れての長期保管はしないようお願いいたします。防虫剤を使用する場合は、ムートンに直接薬剤が触れないようご注意下さい。

質問10
保管するときはどうすればいいですか?

毛皮のクリーニングは、その品物によって処理が異なります。商品の汚れが気になる場合は、毛皮をよく知っているクリーニング店さんにお出し下さい。又、2〜3年に1度はクリーニングにお出しいただくと、ムートンの風合いを保っていただけます。

本物の天然羊毛を使用しております
よくわかるムートン
ムートンについて ムートンと医療 ムートンのよくあるご質問
ムートンのお手入れ ムートンの特徴 ムートンギフト